インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの色で住まいの中に季節を取り込むことができます

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本という国の魅力の一つとして、明確な四季を挙げることができると思います。そして、その魅力的な明確な四季を外に出た時にだけ感じるというのは勿体ないです。出来ることなら、毎日の暮らしの中にも取り入れていきたいものです。つまり、家の中にいても季節を感じながら生活できるようにするということです。しかし、何をどうすれば生活の中に季節を取り入れることができるのかが問題になります。

生活の中に季節を取り入れるという事は、それほど難しいことではないと思います。色を利用すれば簡単にできると思います。色には連想させる季節というものが存在しています。その色を住まいの中に取り入れていくということです。それを季節に合わせて変化させていくだけで、住まいの中で季節を感じながら暮らすことができます。大袈裟なものである必要はありません。テーブルクロスやカーテンをなどのインテリアの色を変える程度のことで充分に気分を変えることはできると思います。季節は1年で4つです。1つの色が3か月続くことになります。これは、テーブルクロスやカーテンなどのインテリアを変える頻度としてもちょうど良いのではないかと思います。住まいの中に季節が入ると、毎日の生活にもメリハリが出ることは間違いないと思います。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.