インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアコーディネーターの役割

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネーターの役割について説明いたします。インテリアコーディネーターは部屋の内装と家具の配置、色彩などのイメージ作りに関わる業務が主な内容です。内装については壁の仕上げの種類をどうするか、天井材や床材はどのメーカーのどの建材を採用するか、また部屋全体のテーマや色彩構成などイメージ付けを行い、家具の選定や配置、照明器具などの配置やデザインまでトータルで関わる仕事になります。

仕事におけるフィールドとしては、マンション開発事業におけるコンセプト作りに絡んだり、戸建て住宅においてはモデルハウスの内装仕様検討、また商業施設ではお店側の意向を受け、飲食店なら飲食店向けのインテリア計画を立案したり、クリエイティブに富んだ発想やスキルが求められます。深く関わる業種や立場としては、マンション開発事業を展開する不動産業や、ハウスメーカー、建築設計事務所などがあり、建築士やカラーコーディネーター、インテリアプランナー、宅地建物取引主任者、建築施工管理技士などと協業して仕事を進めるスタイルが一般的です。このようにインテリアコーディネーターには住宅や不動産に関する知識や、色彩計画、素材、家具、法規など様々な知識が要求される重要な役割をもった仕事です。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.