インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

生活感のないインテリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

家というものは、入居した当初はすごくキレイな状態ですが、いつしか物は溢れてきて、生活感がかなり出てしまうものです。正直なところ、ホテルのスイートルームやマンションや一戸建てなどのモデルルームなどで見かける綺麗な部屋に憧れます。あれらの部屋に共通するものと言えば、生活感が全くないところです。本当に人が住んでいるのかなと思えるような空間に仕上がっています。自分の家ではこのような空間を作るのは絶対に無理だと言っている人も、インテリアなどを変更するだけであっという間に生活感のない素敵な空間を作り上げることができるのです。

生活感のない部屋にするためのインテリア選びで最も重要なところは、こげ茶色をベースにしたシンプルなデザインを選び、できるだけ収納に優れているものが好ましいです。モノがあふれているとそれだけで生活感がばっちりと出てしまいますので、収納をして何も見えない状態にすることができるインテリアが必要になります。それとあまり淡い色でしたら安っぽく見えてしまいますので、高級感が出ている焦げ茶色のほうが好ましいのではないかと思います。こうしてカーテンやソファーなども全て落ち着いたカラーの物を選ぶことで理想の空間ができます。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.