インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

写真や絵を飾る時のインテリアコーディネートについて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の廊下の壁に写真と絵を飾っています。廊下がけっこう長いので、数か所に分けて何枚も飾っています。写真は家族のものや、景色や生き物など色々です。写真とフレームの色調にこだわっていて、場所によって色を統一するようにしています。黒のフレームの場所にはモノクロの写真を入れたり、カラーの写真は白のフレームにシールを貼ったものに入れています。好きなフレームがなければ、貼ったり塗ったりすれば簡単にできます。こんな風にインテリアコーディネートは、テーマを決めるのが良いそうです。

玄関から見えるところでは、壁に貼り付けて使えるライトを使って、アートギャラリー風にしていてお客さんにも好評です。フレームをいくつも並べておしゃれに見えるコツがあって、大きさの違うものを間隔を開けつつ上下に並べて飾るとかっこよく見えます。モノクロがテーマのコーナーにひとつだけ色の違うフレームを入れるのもアクセントになって良いです。同色系統の写真や絵を探したり集めるのも楽しくて、最近は自分で撮った写真を加工することも覚えました。子供の描いた作品を加工したりと飾りたいものが多いので、入れ替えて楽しんだり別の部屋に進出したりしています。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.