インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

部屋を広く見せる為のインテリアの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

都心に住んでいると部屋が狭く、インテリアによっては圧迫感を感じて窮屈な思いをしてしまう事も多くありますよね。圧迫感を感じさせない部屋作りにはいくつかポイントがあります。まずは色です。暗い色より明るい色を利用しましょう。暗い色で統一するとシックで洒落た雰囲気は出ますが圧迫感を感じます。明るい色には視覚的に広く見せてくれる効果があるため解放感が感じられます。

次に高さです。家具の高さも視覚に大きな影響を与えます。高さのあるベッドやテーブルを利用すると自分の視野に入ってきてしまいます。この視野に入ってくる量が多くなると圧迫感を感じてしまいます。ですので家具を選ぶときはなるべく高さのないベッドやローテーブルを選ぶことによって視野に入ってくる量を減らしましょう。圧迫感が緩和されるはずです。

そして機能面は大切です。部屋にあれもこれも置きたくなる気持ちはだれにでもあると思います。しかし狭い部屋にあれこれ置くのは難しいですし余計に狭くもなってしまいます。そこで複数の機能を持った家具を選ぶのも一つの手段であると思われます。ただし、欲張って多機能の商品を購入したとしても結局使わないということもありますし、複数機能を持っているためそれぞれの使用感がイマイチになってしまう事もあるので注意が必要です。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.