インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアに机や椅子の足カバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は床が傷つくのが嫌で、机や椅子の足にカバーを付けています。カバーは自分で手作りをしました。初めはお店で買おうと思って色々見てみました。種類は豊富で実用的なものやシンプルなもの、かわいらしいものと色々ありました。でも、残念ながら私の好みの物はありませんでした。そこで、足カバーを自分で、自分で作ることにしました。

お店で色々みたおかげで足カバーがどういうものかよくわかったからです。足カバーを付けるものは、ダイニングの机と椅子とリビングのテーブルでした。その当時は冬だったので、毛糸で編んでカバーをつくりました。そこは当て布をして、丈夫にしました。手作りのおかがで、色もサイズも、デザインも自分の納得いくものができました。作ってみたら思っていた以上に簡単だったので、それから季節ごとに履き替えさせるために新たに作りました。それぞれの季節のイメージに合わせて作りました。春は、小花の模様の布を使いました。夏は紺と白のボーダーの布を使いました。秋は、こげ茶と打つ茶色のツートンにしまいた。たぶん、足カバーに気づく人はなかなかいないと思いますが、自分の好きなインテリアに調和するようにカバーをできたのでよかったと思います。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.