インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの知識を得てから

このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋作りには、インテリアの知識がある程度必要になってきます。知識が必要と言っても、収納家具やイスの構造、歴史などの難しいことを知らないといけないと言うことではありません。値段の相場を調べたり、好みの家具を探す程度で充分です。それらは、雑誌やインターネットを使えば簡単に情報が入手できます。ただ、インテリアの知識が全く無い状態で部屋作りを開始すると、失敗してしまう可能性が高くなるので、こまめに情報を集めることが肝心です。部屋作りの第一歩は、部屋のテーマ決めです。かわいいや格好良いと言うような抽象的な感じではなく、できるだけ具体的に決めることです。

部屋作りのイメージが固まってくるにつれて、テンションは上がってきますが、家具を購入しに行く前にきちんと部屋のサイズを測ることです。家具を買いに行ってから測っていないことに気づく人は意外と多いです。測る時は置き場所だけでなく、部屋の入り口や玄関、一人暮らしの人はローカや階段の幅も測っておくことです。部屋の入り口は大丈夫でも、玄関から入れることができないと言うケースもあります。搬入できなくては、せっかく買った物が無駄になってしまうので、注意が必要です。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.