インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

本棚というインテリアにこだわる私

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はインテリアは全般に興味があるわけではありません。私が興味があるのは本棚です。読書好きということもあるのですが、本がどんどん溜まってゆき、本棚がすぐいっぱいになってしまいます。家族からは、読み終わった本は古本屋で売ってこいなどと言われるのですが、私は本棚に並んでいる本の背表紙を眺めているだけで幸せな気持ちになります。本棚に並んでいる本たちは自分という人間の人格を形成しているモノだと思いますし、自分自身であると思います。

故にインテリアショップなどで私が見るのは、ずばり本棚だけです。現在私の部屋に六つの本棚があります。六つともカラーはブラウンで統一していますが、種類におきましては、前後スライド式のものであったり、わざと古い作りになっているレトロなものであったり様々です。そんな読書好き、本棚好きな私が次に狙っている本棚はインテリア色の高いモノです。棚は不規則についていて、それぞれの棚の大きさが違います。単行本は大き過ぎて入らない棚や、文庫本を入れるには大き過ぎる棚が並んでいて、とてもデザイン性にとんでオシャレな本棚です。更に価格も手が出ないほど高くはないところが素敵なところです。これからもどんどん本を読んで本と本棚に囲まれた生活を送っていきたいです。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.