インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一戸建て住宅の基礎について、その構造や形状、注意点などを交えながら説明いたします。一戸建て住宅の主流となっている構造は木造住宅であり、次いで軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート造の構造形式が少数となっています。木造や軽量鉄骨造の住宅は建物の部分はそれぞれ木材や鉄骨で造りますが、地盤に接する部分の構造部を鉄筋コンクリート造で造ります。鉄筋コンクリート造は鉄筋を骨のように組んで、その周りをコンクリートで肉付けするという形式となっており、建物の重量をしっかりと支え、地盤に力を逃がす役割があり、地盤に近いため水分による劣化に対して耐久性が要求されています。

注意点としては住宅を新築する際に、基礎の形状をベタ基礎にすることが必須であることが、まず挙げられます。基礎には布基礎とベタ基礎という形状があり、布基礎とは建物の外回りだけを鉄筋コンクリート造にするという形状なので、内側の床下は土の状態となり、強度も悪く、湿気が高くなるためお勧めしません。必ずベタ基礎という、全ての床面を鉄筋コンクリート造で造る形式としましょう。また鉄筋コンクリート造は耐久性が求められるため、中の鉄筋に必要なコンクリートの厚みが規定されている数値を確保しているかをしっかりと確認しておく必要があります。悪質な施工会社は必要なコンクリートの厚みが少ない状態で施工するところもありますので、注意が必要です。

Copyright (C)2017インテリアの基本に、色は三つにしぼるというものがあります。.All rights reserved.